この1年、ありがとうございました!2015年総括!その1


このブログを書いている時点で、2015年も残すところ4時間余り。中学時代以来、年賀状も書いたこともないし、行事、イベントとしてのお正月、新年には何の興味もないんですが、やはり2015年最後の日には締めくくりの記事を書いておこうかと思います。

自分とAQUA CUBEにとっての2015年をいくつかのキーワードで表すとしたら「結実」「出会い」それから「ライブ」でしょうか。

まずは「結実」編から!

「結実」
2016年の2月には設立から丸10年となるAQUA CUBEですが、ここまでいろいろなフェイズを経ています。音楽業界自体が低調な中、自分たちにできることは何か…この数年ずっとそれを考えてきました。試行錯誤を繰り返す中、ようやくたどり着いたのが「人間の歌と声」にフォーカスすること。メジャー時代の作曲家、プロデューサーとしての経験、ロサンゼルスでボイストレーニングの現場に何度も立ち会った経験、それからAQUA CUBEの自社レーベル作品の制作で、何人もの強力なシンガー達の作品プロデュースに関わった経験…これらを生かすには、やはり「歌」しかない!と考えました。

そこで2年ぐらい前からスタートさせたのが「仮歌・ボーカルトラック制作サービス」でした。当初は月に数曲程度ご依頼をいただくぐらいだった同制作サービスも、2014年の年末あたりから急速にご依頼件数が増えて、今では、コンペ、オーディション用の仮歌のみならず、テレビやラジオの放送用音源のボーカル制作や、リリース決定作品の本番用のお手本としての仮歌制作など、より重要なポジションの制作までご依頼をいただくまでになりました。ひなせゆう、Nanaho、Maho、Natsuなど新しいシンガー達が続々と加わってくれたのも今年からでしたね。

「声と歌にフォーカスする」ということでは、もう一つ「ボーカル講座アドバンスドコース」の存在ですね。これはもう、ひとえに担当講師をお願いしている田中アキラ講師の力によるところなのですが、今では弊社スクールで受講生数トップの講座になりました。仮歌シンガーを務めてくれているNanahoを始め、アドバンスドコース受講生の方の中から、弊社の制作業務に参加してもらえるシンガー達を輩出できるような流れが出来てきたのも2015年からでした。

そんなわけで、「声と歌のスペシャリスト集団」を目指して、この数年、取り組んできたことが着実に実を結んだ2015年、ボーカロイドなども充実しててきて、どんどん人間がいなくても音楽が作れるようになってきた時代だからこそ、人間の声によるボーカルをしっかりプロデュースして提供していくことは、これからもっと重要になると確信しつつ、2016年以降も「声と歌のスペシャリスト集団としてのAQUA CUBE」を推し進めたいと思います。

2015年、制作のご依頼をいただいた作曲家さん、レーベル様、制作会社各位、すべての方に改めて謝意を表したいと思います。

長くなったので、続きは次の投稿でw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です