Vocal REC : Tomokiくん


先日から続いている外国人シンガーシリーズ。
この日は、アメリカ人と日本人のハーフ、Tomoki Bischelくんに来ていただきました。
実は彼はこちらのエントリーで紹介している立命館大学ご一行様によるWe are the Wolrdで歌っていたひとり。
英語ネイティブの外国人で、できれば全曲違う人に歌ってもらいたいという何ともハードルの高いクライアントからの要望に応えるため、急遽、無理を言って参加していただくこととなったわけです。

急なお願いにも快く応じてくれたTomokiくん。まだまだシンガーとしては未熟な点も多いながらも、若々しい歌声と頑張りで、見事、クライアントさんからのOKもいただくことができました!

しかし、過去にやった仕事で出会った人たちが次の仕事でつながっていくという、この感じ、この仕事をしていて良かったなーと思う瞬間のひとつです。

今回のこの案件、うまくいけばこの先も続く可能性も高いそうで、今後もまたお願いすることになるかも。ともあれお疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です