完成!「おとな未来パビリオン」その1


構想発起から足掛け3年、ようやく今村大祐のセカンドアルバム「おとな未来パビリオン」のマスター音源が完成しました。
完成を記念して、プロデューサーの視点から制作を振り返ってみたいと思います。

今村から「セカンドアルバムを作りたい」という話を聞いたのが、たしか、ファーストアルバム「ウシミツドキ」のリリースから約1年ほど経過した2013年の夏ぐらいのこと。とても意欲を見せる今村に「それじゃやってみようか」と、今回のプロジェクトがスタートしたわけです。

前作の「ウシミツドキ」は、独特の気持ち悪い今村ワールドと奴の持っていたジャズの世界をプロデューサーとしていかにぶち壊すか!?wという事を命題に、毎度毎度、制作現場で今村と悪ノリしながら作った結果、唯一無二の世界観を醸し出す作品に仕上がって、セールスこそさほどでもないものの、小林未郁さんや椎名純平さんなどのミュージシャンや業界関係者からはとても高い評価をいただく作品となり、その続編を作るのは非常にハードルの高い作業になることは予想するに難くないことでした。

制作の進行スタイルは前作と同じく、今村が元になる曲のデモを持ってきて、そこから良さそうなものを選んで、自分がアレンジの叩き台を作って、レコーディングに参加してくれるミュージシャンの感性を織り交ぜて完成させていくという形。

ところが、やはり異様な完成度の高さと孤高の世界観を誇る前作の影響に縛られてか、今村の持ってくる曲のほとんどは前作の二番煎じのようなものばかり。なんというか、モノマネ芸人のさらにそのモノマネを見ているような感じ?w

作ってはNG、作ってはNGを繰り返し、そんな中で実は前作を作っている時から試してみたかったアイディアを発動。

「今回のアルバムのサウンドコンセプトはヘヴィメタルでいく!」

というアイディアをプロデューサーとして発動。
奴の世界観とピアノに歪んだギターサウンドを合わせたら、絶対に面白いものになる!と前作を作っていた時から考えたんだけど、それを実行することにしました。
ジャズに関して自分はほとんど門外漢だけど、メタルの世界ならある意味、主戦場。それに本来ジャズプレイヤーの今村の作品でなら、マジメなロック作品では出来ないベタなことも好き放題にやれるだろう!という、そんな期待感とともにねw

長くなったので、続きは続編でw

2016年、新年明けましておめでとうございます!


みなさん、新年明けましておめでとうございます。
来月でAQUA CUBEはローンチから丸10年。次の10年に向けての第一歩を踏み出す年の幕が開きました。年頭にあたり、昨年1年…いや、ここまでAQUA CUBEを支えてくださったお客様や、様々な制作業務でいつも大活躍してくれているシンガーやプレイヤーのみなさんに改めてお礼を言いたいと思います。これからかもご利用いただく皆さんに喜んでいただける音楽、音源をプロデュースしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

新年を迎えて、お知らせをいくつか…

まず、すでに弊社の大黒柱的な存在となった「仮歌・ボーカルトラック制作サービス」に待望の男性シンガーが数名、新たに加わります。今月中に各人のデモ音源を制作し、随時サイトにアップして実戦投入していきますので、どうぞご期待下さい。
シンガーのプロデュース、ボーカルトラックの制作に関しては誰にも負けないと自負しています。今年もたくさんの作家さんからのご依頼をお待ちしています!もちろんリピーターの作家さんも大歓迎です!

それから、諸々の事情から完成が遅れていた今村大祐のセカンドアルバム「おとな未来パビリオン」も間もなく完成します。
主役の今村大祐をはじめ、チームAQUA CUBEが総力戦で取り組んだ強力な作品になっていますので、こちらもぜひご期待下さい。昨年9月のシャイングホールでご予約いただいた皆さんには、1月下旬から2月上旬にかけて随時発送を開始いたします。

あと、個人的には、今年も昨年以上にライブ出演の機会も増える予感ですw
このブログやニュースページ、Twitter等で随時お知らせしていきたいと思います。ぜひライブ会場でお会いしましょうw

というわけで、2016年のAQUA CUBE、ご愛顧のほど、何卒よろしくお願いします!

今回のアイキャッチ画像は、スタジオに来られる皆さんに可愛がってもらっている、ネザーランドドワーフのまりん君ですw

2015年総括!その2


前の投稿の続きです。年が明ける前に書くつもりがすでに新年を迎えてしまいました。2015年総括その2です。

2015年のキーワード「出会い」

Julian V Eriksson最大の収穫(?)は、完成間近の今村大祐セカンドアルバムで大活躍してくれているスウェーデン人ギタリスト、ユリアン・エリクソンと出会えたこと!スウェーデンの音大に通うユリアンから「AQUA CUBEでインターンシップは実施してますか?」とメールをもらったのがきっかけで、今村のアルバムにギタリストとして参加してくれることになったのですが、彼の存在なくしては今回のアルバムは成立しなかったでしょう。ギタープレイヤーとしての実力も音楽的なセンスも、そして人柄も最高なユリアン、きっと近い将来、日本でもブレイクしてくれると思います!

そして「ライブ」

そう、2015年は自分としては数年ぶり(バンドでのライブは2008年以来、アコースティックセッションでは下山アニキの夜会にゲストで出た2009年以来だったかな。あ、2010年にShikiちゃんとパーティで演奏したことも有ったか…)にライブ出演!

小林未郁先述のユリアンもスウェーデンから来日してくれ、また、あの小林未郁さんもスペシャルゲストで出演してくれた、9月の今村大祐のレコーディング好調ライブw(本来これがレコ発のはずだったw)今村がライブ直前に体調不良から入院したおかげで、babywildcherryの復活ライブにもなったのは思いがけないサプライズでした。

RYUICHI KEIそれから、先日、RYUICHIと初共演したアキラ先生の主催ライブ。RYUICHIとは、2015年の初め頃に「今年、もし時間的に余裕があるときがあれば、アコースティックユニットでも組んで一緒にライブしたいねー」って話をしていて、でもお互いに忙しくて、実現しないままに一年が過ぎようとしていたところ、年末間際になってそれが実現することになりました。内容的には反省点もいっぱいのライブだったけど、どっちもとても楽しかった!

ここ数年はプロデューサー業ばかりだったけれど、2016年は今度こそ本当の今村のレコ発ライブもあるし、キーボードプレイヤーとして、どんどん表に出て行きたいなーと思ってます。

というわけで、ユリアンやRYUICHI、小林未郁さんなど素敵なミュージシャンとたくさん共演できた2015年はとても有意義な一年でした!
みんな本当にありがとう!2016年もたくさん楽しみましょう〜