レコーディングレッスン・山羽くん


弊社のミュージックスクールの特色のひとつが、各講座の受講生の方に定期的にレコーディングレッスンを実施していること。(ボーカル・アドバンスドコースでは毎月1回、スタンダードコースでは希望者のみですが3か月に一度)レコーディングレッスンでは、受講生の方の歌や演奏を実際にレコーディングし、普段のレッスンの成果や現在の弱点を確認し、今後の目標設定などに活用します。また、このレコーディングレッスンは、普段の担当講師ではなく、私が担当することで、プロデューサーの視点から生徒さんの現状を見極め各担当講師と連携することで、より高いレッスン効果を出しています。

というわけで、本日はボーカルスタンダードコース(担当講師・関)とギター講座を受講している山羽くんのレコーディングレッスンでした。3か月前の前回と同じくボーカル、ギター同時録音のスタジオライブ形式でレコーディングを行いましたが、特に歌の方は前回よりもかなり成長していて、担当する私も楽しんでレコーディングを行うことができました。次回はさらなる成長を期待してますよ〜。

AQUA CUBE Music School
http://www.aqua-cube.jp/school/index.html

仮歌ご依頼時のバックトラック(オケ)について


仮歌制作をご依頼いただく時の曲のバックトラック(カラオケ)についてですが、できるだけ最終アレンジ完了に近い状態のものをいただけるとありがたいです。もちろん私たちはボーカルトラック制作のプロなので、極端な話、クリックとガイドメロのみの状態でも大丈夫と言えば大丈夫なのですが、やはりオケの状態によって収録時のテンションも変わりますし、アレンジが完全に近いほど、より曲調に合った歌になります。

ただ、ギター等、生楽器の入ったオケだと後からキーの変更をしていただくのもなかなか難しいと思いますので、そんな感じの曲の仮歌制作のご依頼をご検討されている時は、できれば生楽器を入れる前の状態で、キーの確認だけ先にしていただけると幸いです。(もちろんキー指定のコンペ案件等もあるかと思いますので、そのような時はキー変更なしで対応しますよ。)

ご依頼いただく作家さんにもスケジュール的なご事情など多々あられることと思いますが、より良い楽曲にするために可能な範囲でご協力いただければと思います。実際に歌の入った状態でアレンジを進めたいというようなご意向もあるかと思いますので、そのような場合は、まず簡単なオケで仮仮歌(?)を収録して、アレンジ完成後に仮歌…みたいな流れにも対応させていただきます。少々の追加料金は発生することになりますが、そのあたりについてはご相談に乗らせていただきますよ!

仮歌・ボーカルトラック制作
http://www.aqua-cube.jp/service/remote.html