Julian V Eriksson


現在、制作も大詰めの今村大祐のセカンドアルバム「おとな未来パビリオン」。ファーストアルバム「ウシミツドキ」は、ジャズピアニストである今村の基本にある程度合わせた形で、ドラム、ベース、ピアノのトリオ編成を基本フォーマットにして仕上げたのですが、今回のセカンドアルバムのテーマはヘヴィメタル!メタルサウンドの上で今村のJazzyなピアノと変態ボーカルが暴れ回るという、斬新な(?)方向になっていますw

そのサウンドの基本を作る上で、今回、大活躍してくれているのが表題のスウェーデン人ギタリスト、Julian V Eriksson(以降ユリアンと表記しますね)。
スウェーデンの音大に通うユリアンから「AQUA CUBEでインターンシップはやってますか?」と問い合わせのメールをもらったのがきっかけで知り合いました。弊社は特にインターンシッププログラムの対応なんかやってるわけではないのですが、何か役に立てることはないかと、何度かメールのやり取りをする中で、「今、作ってるアルバムにギターで参加しない?」という話になって、現在に至ります。

スウェーデンと日本で、ファイルのやり取りを繰り返しながらの制作になるので、実際スタートするまで若干の不安はあったのですが、ユリアンから送られてきた最初のテイクを聴いて、そんな不安は吹っ飛びましたw
まさに理想的なギタリスト!色気のあるリードプレイから、パワーコード一発鳴らした時の存在感まで、なんというか、とても魅力的です。ユリアンは日本人じゃないので当たり前ですが、いわゆるジャパメタ的な要素がまったくなく、彼のおかげで完全に洋楽的なメタルサウンドを得ることができました。今回の制作はユリアンの存在なしでは成立しなかったと思います。奇跡の出会いに感謝ですよ、いや、マジで。

本当は今すぐにでも、ここまでの楽曲のラフミックスを全曲公開して、ユリアンのギタープレイの素晴らしさを皆さんにも紹介したいところなのですが、さすがにそれは出来ないので、ひとまずYouTubeにアップされているユリアンの動画をご覧になりつつ、アルバムのリリースをお待ち下さい。

上の動画の他にもこちらのYouTubeチャンネルに多数動画がアップされています。ぜひご覧ください。

そして、スウェーデン人のユリアンですが、なんと今年の9月から12月まで日本に滞在する予定なので、ニュースページで紹介しているレコ発イベント「MUSIK DANKFEST」を始め、その間に行われる今村のライブにはすべて出演予定です!こちらもぜひお楽しみに!

また、今村関連とは別にユリアンはこちらのイベントにもVIVOのギタリストとして出演が予定されています。ご興味のある方はぜひこちらにも足をお運びくださいね。

仮歌制作ご依頼時にご注意いただきたいこと。


おかげさまで弊社の「仮歌・ボーカルトラック制作サービス」も日々、たくさんのご依頼をいただくようになり、誠にありがとうございます。しかし、ご依頼の増加に伴い、少々の不都合があるケースも散見されてきていますので、ここで、ご依頼の際のバックトラックや資料の作成時に作家さんにご留意いただきたいことをまとめてさせていただきますね。

・収録用のカラオケバックトラックはもちろん、ボーカルメロディラインやコーラスの音声ファイルやMIDIファイルなど、すべてのファイルは必ず曲頭1小節目から書き出してご送付ください。
特にMIDIファイルについては、ご使用のDAWによっては曲頭に空リージョンを置いてからSMFの書き出しをしないとMIDIデータのある部分しか書き出されないことがあるようですのでご注意ください。

・ステレオ2MIXのバックトラックを作成されるときには、マスタートラックにインサートされたプラグインはすべてオフにしてください。またアウトボード類をご使用の場合、これは使用せずにDAWの内部ミックスのみでバウンスされたものをご送付ください。これらを使用されて作成されたバックトラックに対してボーカル収録を行った場合、こちらで作成したボーカルトラックをお手元のDAWに取り込まれても、バックトラック作成時に生じたレイテンシーにより、タイミングがまったく合わなくなる可能性があります。

ご面倒をおかけしますが、よろしくお願いします。

仮歌・ボーカルトラック制作
http://www.aqua-cube.jp/service/remote.html

「仮歌・ボーカルトラック制作」Nagisa不在中の対応について


すでにこちらの記事でお知らせしている通り、8/1〜9月末日まで、弊社「仮歌・ボーカルトラック制作」でシンガーを務めているNagisaが京都に不在となります。

Nagisa不在期間中のNagisaご指名での制作のご依頼について、応急的にですが、Nagisaの宅録環境で対応できるように準備を整えました。どうしてもNagisaによる仮歌の必要な作家さんはご遠慮なくご依頼ください。

実際の作業の流れとしては、Nagisaが宅録環境で録音したものを私がチェックし、OKであればNagisaから送られてきたボーカルトラックを元にピッチ補正等のエディットやラフミックスを作成し、作家さんに最終チェックしていただく…という流れになります。

録音機材や収録環境もあくまで簡易的なもので、またいつもように私がリアルタイムでディレクション等できるわけではありませんので、普段、弊社スタジオで制作させていただく時のようなクオリティを保証できない可能性がある点はご了承ください。また納期についても、上記のような流れで収録作業をいたしますので、普段よりも手間や不自由な点が多いため、対応可能なのは、ご依頼から納品まで中4日以上ある場合のみに限らせていただきます。

いずれにしても、Nagisaも私も、ご依頼される作家さんにご満足いただけるよう頑張らせていただきますので、Nagisaが不在の8月、9月もどうぞよろしくお願いします!

もちろん弊社にはNagisaの他にも魅力的なシンガーが多数おりますので、他のシンガーのご指名も合わせてご検討くださいね!