ネタ明かし!この前のRYUICHIのRECは…


先日から、たくさんのギルドRYUCIHIファンの皆さんからリツイートやお気に入り登録をいただいて、本当にありがとうございます。

https://vine.co/v/OViuplJ9651
RYUICHIがすごく頑張ってくれた上記リンク先の動画の曲ですが、せっかくなのでこの場で紹介したいと思います。

この曲は、元祖ビジュアル系(?)とも言われる伝説のプログレハードロックバンド、NOVELAのシンガー、五十嵐”Angie”久勝氏のセカンドソロアルバム「INTACTNESS」に収録されている「I Should Tell You」という曲で、私が作曲、アレンジ、プロデュースを手掛けてます。あ、キーボードの演奏もやってたんだw
残念ながら(?)CDはすでに完売してしまっていますが、原曲フルコーラスをSound Cloudにアップしたのでよかったら聞いてみてくださいね。

RYUICHIボーカルバージョンは、遊びで録ってみただけのものなので、おそらくフルコーラスが公開されることはないと思いますが、皆さんにも聞いてもらえる機会が作れればいいですねぇ…。
せっかくRYUICHIも頑張ってくれたし!原曲のアンジーさんに負けずとも劣らないシャウトには、正直、録音しててゾクッときました!

自分にとってNOVELAは、たぶんこのバンドと中学生の時に出会ってなかったら、今、こんな音楽の仕事なんてしてなかったんじゃないか??と思うぐらいに影響受けまくったバンドで、そのバンドのシンガーだったアンジーさんのアルバムを自分のプロデュースでリリースすることになったときは、すごく感激した思い入れの深い作品なので、また別の機会にアルバム紹介のブログ記事を書きますね。

トロンボーンREC


久しぶりのブログ更新になってしまいました^^;

昨日は、来月から弊社Music Schoolでスタート予定のトロンボーン講座で講師を務めていただく飯田智彦氏のデモ録音でした。

飯田氏は、先月末ごろに「トロンボーンの個人練習をしたい」とのことで飛び込みでスタジオをご利用されたのがきっかけで、弊社ミュージックスクールに新講座を開講する運びとなりました。

そんなわけで、まずは講師演奏デモを作ろうということで今回のレコーディングを行うこととなったわけです。

実は恥ずかしながら、トロンボーンの音を間近でソロで聴くのは初めてだったんですが、なかなかいいものですね〜。
飯田氏の素晴らしい演奏のおかげもあって、とても楽しくスムーズにレコーディングできました。

トロンボーン講座や飯田講師の詳細プロフィールなどについては、また改めて弊社サイトでお知らせいたします。まずは彼の演奏による非常に心地いいトロンボーンのサウンドをお楽しみください!