カテゴリー別アーカイブ: Artist Info

完成!「おとな未来パビリオン」その1


構想発起から足掛け3年、ようやく今村大祐のセカンドアルバム「おとな未来パビリオン」のマスター音源が完成しました。
完成を記念して、プロデューサーの視点から制作を振り返ってみたいと思います。

今村から「セカンドアルバムを作りたい」という話を聞いたのが、たしか、ファーストアルバム「ウシミツドキ」のリリースから約1年ほど経過した2013年の夏ぐらいのこと。とても意欲を見せる今村に「それじゃやってみようか」と、今回のプロジェクトがスタートしたわけです。

前作の「ウシミツドキ」は、独特の気持ち悪い今村ワールドと奴の持っていたジャズの世界をプロデューサーとしていかにぶち壊すか!?wという事を命題に、毎度毎度、制作現場で今村と悪ノリしながら作った結果、唯一無二の世界観を醸し出す作品に仕上がって、セールスこそさほどでもないものの、小林未郁さんや椎名純平さんなどのミュージシャンや業界関係者からはとても高い評価をいただく作品となり、その続編を作るのは非常にハードルの高い作業になることは予想するに難くないことでした。

制作の進行スタイルは前作と同じく、今村が元になる曲のデモを持ってきて、そこから良さそうなものを選んで、自分がアレンジの叩き台を作って、レコーディングに参加してくれるミュージシャンの感性を織り交ぜて完成させていくという形。

ところが、やはり異様な完成度の高さと孤高の世界観を誇る前作の影響に縛られてか、今村の持ってくる曲のほとんどは前作の二番煎じのようなものばかり。なんというか、モノマネ芸人のさらにそのモノマネを見ているような感じ?w

作ってはNG、作ってはNGを繰り返し、そんな中で実は前作を作っている時から試してみたかったアイディアを発動。

「今回のアルバムのサウンドコンセプトはヘヴィメタルでいく!」

というアイディアをプロデューサーとして発動。
奴の世界観とピアノに歪んだギターサウンドを合わせたら、絶対に面白いものになる!と前作を作っていた時から考えたんだけど、それを実行することにしました。
ジャズに関して自分はほとんど門外漢だけど、メタルの世界ならある意味、主戦場。それに本来ジャズプレイヤーの今村の作品でなら、マジメなロック作品では出来ないベタなことも好き放題にやれるだろう!という、そんな期待感とともにねw

長くなったので、続きは続編でw

Musik Dankfest、ありがとうございました!


はい、というわけで、今村大祐のセカンドアルバム収録曲の先行お披露目 & 数年ぶりのbabywildcherry復活ライブでもあったMusikk Dankfestが無事に終了しました。

前日に急な仮歌制作のご依頼をいただいて朝4時ごろまで収録作業になってしまって、案の定、少々寝過ごして入り時間に遅れ、寝不足により少しヘロヘロな感じながら、無事に気持ちよくステージを終えることができました。スペシャルゲストの小林未郁さん、メンバーの皆さん(除く今村大祐w)、他の出演バンドの方々、ホール関係者の皆さん、そして主催の方々、それから何より当日会場に足を運んでいただいた皆さん、本当にありがとうございました!

初めてbabywildcherryをご覧になられた方、久しぶりに見たという方、いろいろおられたと思いますが、いかがだったでしょうか??これを機会に近いうちにオール新曲で新しい音源作品を作ろうと計画していますので、そちらもぜひご期待いただけたらと思います。

それから、今村大祐とメタルサウンドの融合も楽しんでもらえたでしょうか?こちらの方はアルバム制作ラストスパートの段階に入っていますので、リリースをぜひお楽しみに!

なんだか脈絡のない内容ですが、みなさんありがとうございました!アイキャッチは終演後に撮ったメンバー集合記念写真ですw

アルバム制作も大詰め!今村大祐ボーカル収録。


発案から2年以上に渡るセカンドアルバムもいよいよ完成まで大詰めの段階に来た今村大祐、今日はアルバム収録曲のバラード「アナザー溺鳥(じゃくちょう)」のボーカル収録を行いました。

この曲の歌を録るためと9/27のライブイベント「Musik Dankfest」出演のための調整のために、弊社ボーカルスクール、アドバンスドコースの田中アキラ先生のレッスンを何度か受けた今村でしたが、レッスンの効果はテキメン!今まではピアノのオマケ程度のボーカルだった彼の歌が(ま、今村は本来ジャズピアニストなんですがw)完全に「シンガーの声」に豹変していて、ディレクションしていた私のみならず、何より今村本人が一番驚くという収録になりました。

田中アキラ講師には、もちろん講師としての実績と実力に絶対の信頼を置いてアドバンスドコースをお任せしているわけですが、ここまでの結果を目の当たりにして、あらためてアキラ氏の講座の凄さを実感しました。。。レッスンを確実にモノにしている今村も素晴らしいんですが…ヤツを褒めるのはやめておきましょうw

ちなみに仮歌デビュー以来、ご依頼いただく作家さんから高い評価をいただいているNanahoもアキラ氏の教え子。最近から仮歌シンガーとして参加してくれているMahoも、ただいまアキラ先生の元でさらなるシンガーとしてのステップアップのために声を磨いています。

…と、話が逸れてしまったので、話を今村大祐に戻して…w
今日のボーカルレコーディングの結果を得て、ここまで一応録り終えていた他の曲のボーカルも結局ほとんどすべてリテイクすることになりましたw
とても強力なアルバムに仕上がること間違いなしです!アルバムについては音源が完成したら、また詳しく書きますね!

Julian V Eriksson


現在、制作も大詰めの今村大祐のセカンドアルバム「おとな未来パビリオン」。ファーストアルバム「ウシミツドキ」は、ジャズピアニストである今村の基本にある程度合わせた形で、ドラム、ベース、ピアノのトリオ編成を基本フォーマットにして仕上げたのですが、今回のセカンドアルバムのテーマはヘヴィメタル!メタルサウンドの上で今村のJazzyなピアノと変態ボーカルが暴れ回るという、斬新な(?)方向になっていますw

そのサウンドの基本を作る上で、今回、大活躍してくれているのが表題のスウェーデン人ギタリスト、Julian V Eriksson(以降ユリアンと表記しますね)。
スウェーデンの音大に通うユリアンから「AQUA CUBEでインターンシップはやってますか?」と問い合わせのメールをもらったのがきっかけで知り合いました。弊社は特にインターンシッププログラムの対応なんかやってるわけではないのですが、何か役に立てることはないかと、何度かメールのやり取りをする中で、「今、作ってるアルバムにギターで参加しない?」という話になって、現在に至ります。

スウェーデンと日本で、ファイルのやり取りを繰り返しながらの制作になるので、実際スタートするまで若干の不安はあったのですが、ユリアンから送られてきた最初のテイクを聴いて、そんな不安は吹っ飛びましたw
まさに理想的なギタリスト!色気のあるリードプレイから、パワーコード一発鳴らした時の存在感まで、なんというか、とても魅力的です。ユリアンは日本人じゃないので当たり前ですが、いわゆるジャパメタ的な要素がまったくなく、彼のおかげで完全に洋楽的なメタルサウンドを得ることができました。今回の制作はユリアンの存在なしでは成立しなかったと思います。奇跡の出会いに感謝ですよ、いや、マジで。

本当は今すぐにでも、ここまでの楽曲のラフミックスを全曲公開して、ユリアンのギタープレイの素晴らしさを皆さんにも紹介したいところなのですが、さすがにそれは出来ないので、ひとまずYouTubeにアップされているユリアンの動画をご覧になりつつ、アルバムのリリースをお待ち下さい。

上の動画の他にもこちらのYouTubeチャンネルに多数動画がアップされています。ぜひご覧ください。

そして、スウェーデン人のユリアンですが、なんと今年の9月から12月まで日本に滞在する予定なので、ニュースページで紹介しているレコ発イベント「MUSIK DANKFEST」を始め、その間に行われる今村のライブにはすべて出演予定です!こちらもぜひお楽しみに!

また、今村関連とは別にユリアンはこちらのイベントにもVIVOのギタリストとして出演が予定されています。ご興味のある方はぜひこちらにも足をお運びくださいね。

今村大祐セカンドアルバム制作好調!


なんだかんだで発案からすでに2年近くなろうとしている今村大祐のセカンドアルバムですが、ここへきて加速度的に制作が進行しています。まだリズムトラックも出来ていない(つまりアレンジも確定しないw)曲も数曲あるものの、昨日でゲストシンガーの小林未郁さんのボーカル収録もオールアップ。ギターでスウェーデンから参加のユリアン・エリクソンからのギタートラックも続々とネット経由で届いてきて、ようやくアルバムの全貌が見えてきました。

今回のアルバムは、今村のルーツであるジャズに根ざす感じで、ピアノ、ベース、ドラムのトリオ編成にこだわった前作とは打って変わって、サウンドフォーマット的にはHM/HR。そのメタルサウンドの上に今村のジャズ的(?)なピアノと変態ボーカルが暴れまくるという斬新な仕様になってますw

しかし、ここまでもう何度か小林未郁さんの歌を録ってきていますが、毎回その歌唱力には聞き惚れるばかり。今回も4曲収録予定で2日間の日程を予定していたところを初日ですべて録り終えました。いろんな意味で衝撃的な作品になることは必至。この夏のリリースをぜひお楽しみに!

あ、今回は私もかなりキーボードを弾く予定ですよ。

ピアノ弾き語りレコーディング


ただいまセカンドアルバム制作中の今村大祐
ギターにゆあさまさや氏が参加することや、ゲストボーカルに小林未郁さんの参加すること、さらには小林未郁さんには1曲、このアルバムのために楽曲提供していただくことなどが決まり、絶好調な感じなのですが、問題なのは今村本人の曲作り。
前作「ウシミツドキ」の完成度と評価が高すぎて、なかなかそれを超えられずに曲作りは難航中。。。

そんなわけで今日もセカンドアルバムのレコーディング中に気分転換にピアノ弾き語り音源を作って遊んでみましたw

遊びの録音とは言え、マイクはピアノに2本、ボーカルに1本立てて、わりと本格仕様の同時録音。
実は、スタジオにグランドピアノを導入してから、弾き語り作品でピアノ、ボーカルを同時録音するのは初めてでした。自分のサウンドプロデュースのスタイルとしては、緻密に細かく音を重ねて構築していくのが最も得意なので、あまりこういった同時録音はやらないんですが、やってみるとこれがなかなかイイ感じになるもんですね。簡単なデモや無料や低価格で配布するデモ音源には十分すぎるクオリティだと思います。
ピアノ弾き語りの録音、音源制作をお考えの方は、その参考音源としてもぜひご活用ください。まぁ…参考にしていただくには、素材がちょっとアレですが…w

そしてこちらは、おなじみの今村による即興演奏。
今回はラグタイム風のプレイで攻めてみました。

今村大祐のピアノ即興演奏音源を公開しました。


ただいまセカンドアルバム制作中のホラージャズ家元(?)の今村大祐。セカンドアルバム収録曲のレコーディングの気分転換(?)に新しい即興演奏音源を作ってみました。

いや、しかし、クリック(メトロノーム)に合わせてコンテンポラリーな曲を演奏させると途端に萎縮したピアノになってしまう今村ですが、ジャズの即興演奏だとまさに水を得た魚のよう。このグルーブの半分でも自分の曲の演奏に生かす事ができれば…と非常に残念ですw

そんなわけで、クリックと格闘しながらセカンドアルバム制作に励む今村大祐。新しい即興音源をお聞きになりながら応援してやってくださいね。自分もプロデューサーとして、異様に評価の高かった前作を超えるべく全力で取り組んでいます!

ちなみにこの録音はDSDによるRECではありません。弊社の通常のレコーディングと同じく24bit 96KHzで制作しています。生ピアノのレコーディングをご検討中の方には、参考音源としてもご活用ください。

Shikiの「魔法の言葉」が韓国でリメイクリリースされました。


2011年に弊社レーベルからリリースしたShikiのセカンドアルバム「Miracle」収録の「魔法の言葉」が韓国のボーカルユニットTP2Sによりリメイクリリースされました。

TP2Sは韓国を代表するモデル4人によるボーカルユニット。
Shikiの「魔法の言葉」は「Thank You」というタイトルでリメイクされ、リメイクにあたってのアレンジは、Shikiと同じくバークリー音楽院卒のHaizeeが担当。
韓国タイトルのThank Youは、原曲「魔法の言葉」のサビで繰り返される「ありがとう」という歌詞にちなんでいるそうです。

TP2Sの詳細はこちらからご覧ください。(韓国語サイト)
http://news.donga.com/3/07/20141014/67148250/1

Miracle収録の原曲のダイジェスト版はこちら。

こちらはShikiデビューアルバム「Love Story」収録曲で、一人ミュージカル「天からのラブストーリー」の主題歌にもなった「恋物語」