babywildcherry再始動!


すっごく久しぶりの更新です。
前回にブログをアップしたのが…去年の8月??どんだけ放置してんだ??って感じですねw

さて…表題の通り、babywildcherryがアルバム制作に入ります!
あまりにも長く活動してなかったので、「babywildcherry?なにそれ?」って人がほとんどでしょうね…。そんな方のために少しだけ説明すると…ま、早い話が僕のバンドで、2006年12月リリースの弊社レーベルAQUA CUBE Recordsのリリース第一弾「Intactness -序章- / 五十嵐久勝」のバックトラックやコーラスに全面参加し、収録曲のうちの何曲かも提供しています。また、リリース第二弾のギタリスト金谷幸久のアルバムにも楽曲提供や演奏で全面参加。その後、今のところ唯一のbabywildcherry名義の公式音源「Public β」を発表し、わずか1か月強でソールドアウトという快挙を成し遂げるも、長らく活動をお休みしていました。

そんなbabywildcherryですが、昨年にリリースした今村大祐(現、ポセイドン石川)のセカンドアルバムの制作やリリースに伴うライブに参加したことをきっかけで今回の再始動に至りました。

今回のメンバー編成ですが、今やボイストレーナーとしても東京で大活躍中で、V系バンドJupiterのアルバムにもシンガーとして参加しているVocalのryoko、そしてシェラザード他、多数のバンドで大活躍のスーパードラマー、堀江睦男、鍵盤に私という不動の3人に加えて、ギターはスウェーデンからJulian V Eriksson、ベースに浦山健太という編成での再始動となります。今回は新曲の他に、今まで他のアーティスト名義のアルバムに収録されていた曲のいくつかも現メンバーでリメイク収録する予定。リリース時期や販売方法などまだ未定ですが、頭の片隅にでも覚えておいていただけると嬉しいな…w

前述の唯一の公式音源、Public βの全曲を公開しておきますね。よかったら感想とかいただけると嬉しいです。

仮歌シンガー2人のデモをアップデートしました。


「仮歌・ボーカルトラック制作サービス」に参加してくれているシンガー、Nanahoとひなせゆうの試聴用デモ音源をアップデートしました。その音源をここでも紹介しますね。

希望の空/ ひなせゆう

はじまり / Nanaho

この試聴用のデモというのが、運営側としてはなかなか悩みどころで、シンガーがサービスに参加してくれて最初にまずはデモを制作するわけですが、いくつものご依頼を受けてレコーディングを重ねていくうちに、自然と歌唱力はアップして、またその歌を録る私とのコンビネーションも良くなっていきます。ということは、公開しているデモは現在の視点から見れば、一番良くない状態であると言えるんですねw

そんなわけで、これからも適時、デモはアップデートしていこうと思います。ちなみにNanaho、ひなせ共にボーカルアドバンスドコースの田中アキラ講師の元でレッスンを重ね、シンガーとしての地力は確実に日々、アップしています。さらに強力になったふたりへのご指名、ご依頼、お待ちしています!

ボーカル講師、関栄理哉の所属ユニット、EYSからのお知らせです!


弊社ボーカルスクール、スタンダードコースの講師、関栄理哉の所属する音楽ユニット、EYS(イー・ワイ・エス)からお知らせが届いたので、こちらにも掲載しますね。

————————————————————————————-

アクアキューブの皆様

各ページをご覧の皆様、お世話になります、ボーカルトレーナーの関 栄理哉です。

現在 3兄弟で活動している「イーワイエス」で、FM大阪主催の、11月に開催される特別なライブ出演をかけたコンテストに応募しました。

コンテストの投票に勝ち残り、特別なライブステージ出演の道が開かれ、より多くの人に自分達のルーツを届けたいところなので、是非良かったら投票に協力してやって下さい…。

下記のサイトから 「イーワイエス 」に投票して頂けたらめちゃ嬉しいです(^^)youtubeで曲も聴けます。

ワンクリックで投票◎

http://musiclapper.net/vote/396.html

↑Safari、Twitter、Facebook等からフォーマット違いで一票ずつ(スマホ、タブレット、PCどの端末からでも◎)入れて頂けますので、締切り7/27(水)17:00まで、可能な限りの窓口から投票してやって下されば本当に幸いです..。

※職場やお友達の方々にもシェアしてもらえたらめちゃ嬉しいです!笑

ボーカルトレーナー

関 栄理哉


みなさん、ぜひ拡散、ご協力などよろしくお願いします!

最後にE.Y.S.をご紹介しておきますね!

「 イーワイエス 」

2014年結成

関 栄理哉 セキ エリヤ

※写真左(ボーカル/アレンジ/ギター)

大阪音楽大学ポピュラー専攻卒

現 ボーカルトレーナー

関 義哉 ヨシヤ

※写真中央(ボーカル/ギター)

元 新選組リアン リーダー

滋賀大学 経済学部卒

関 真哉 シンヤ

※写真右(サックス/ピアノ/コーラス)

大阪音楽大学ジャズ.ポピュラー専攻卒

現 USJミュージシャン/サックス講師

によるソングライター3人からなる兄弟ユニット。

ポップセンス光る、またどこまでもストレートで素直に響く楽曲は、詞・曲のみならず緻密なアレンジにまで及ぶ。

2015年 1stアルバム「YES I do!!!」をリリース、初のツアー、東京・京都にて300人動員レコ発ライブを成功させた。

アルバムはAQUA CUBE制作ではないという、とんでもない奴らですがw、みなさん、よろしくお願いします!
そして、関のファンになったみなさんは、ぜひボーカルスタンダードコースをご受講くださいw

イーワイエス オフィシャルサイト
http://eys-yes.com

ハイトーンバトル!


先日、7/14に京都MUSE HALLで開催された、イベント、Vocalizmでのアキラ先生のバンド、Ebony Eyes Excellentとryuichiの共演動画が公開されていたので、こちらにも貼り付けておきますね。
それにしても、ryuichiもアキラ先生も、壮絶なハイトーンの応酬ですね。気になった方は是非、ボーカル講座アドバンスドコースをご受講ください!w

AQUA CUBE Vocal School
http://www.aqua-cube.jp/school/vocal/index.html

Vocalizm 2016祇園祭ver.無事に終了!


昨日は祇園祭で賑わう京都中心部にある京都MUSE HALLで、ボーカル講座アドバンスドコース担当、アキラ先生の主催イベント「Vocalizm」でした。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!そして出演者の皆さん、そしてスペシャルゲストのryuichiと主催のアキラ先生、お疲れさまでした!

チームAQUA CUBEからは、アドバンスドコースのホープ(!?)まさはる君と、仮歌シンガーを務めてくれている川野 航が参戦。まさはる君は、この日がライブのデビュー戦だったのですが、他の出演者の大先輩たちに引けを取らない歌声を披露してくれましたよ。ま、デビュー戦ならではの初々しさ(?)もありましたけどねw
でも、彼も大先輩たちと同じステージに立つことで本当にいい経験になったことと思います。これからの成長に大いに期待したいところです!

まさはる
まさはる、リハーサル中の図。 自分の出演者だったから本番中の写真が撮れずごめんね。

そして僕も、前回の去年年末の同イベントに引き続き、ryuichiのピアノ伴奏で参加してきました。この何年も、普段の演奏仕事のほぼ全てがレコーディング等の制作業務になってしまってるせいか、なかなかライブの現場感覚がつかめず、普通ならあり得ないような凡ミスを重ねつつ…な感じの演奏でしたが、楽しかったから、まぁいいか!って感じです^^;(って、あかんがな!はい、次に向けてもっと精進しますです…ハイ。。。)
あ、ちなみにこの日に演奏した曲は、また追々、コラボ動画シリーズで音源、映像化して順次公開していこう!とryuichiと話しましたので、楽しみにしていてくださいね。ryuichiの魅力を最大限に引き出すボーカルプロデュース、ディレクションでお届けしていきたいと思ってます。あ、鍵盤演奏も…かw

こちらはアキラ先生のバンド、Ebony Eyes Excellentとryuichiの共演リハの模様。アキラ先生とryuichiのShe's Goneでの超絶ハイトーンボイス、凄かったです!
こちらはアキラ先生のバンド、Ebony Eyes Excellentとryuichiの共演リハの模様。アキラ先生とryuichiのShe’s Goneでの超絶ハイトーンボイス、凄かったです!

最後にもう一度。出演者の皆さん、ご来場いただいた皆さん、本当にお疲れさま&ありがとうございました!次回、年末の同イベントも是非お楽しみに!

 

ryuichiコラボ動画 2連発!


先月の「Oh My Little Girl」に引き続き、ryuichiとのコラボ曲の動画が公開されました!
今回も鍵盤、レコーディング、ミックス、映像編集他、歌以外のすべて担当でございますw

「眠り空」

ryuichiのオリジナル曲です。歌声も相変わらず素晴らしいけど曲がすごくいいですね〜。

「オリビアを聴きながら」

こっちはカバー曲。優しい歌声がいい感じです。

前回の「Oh My Little Girl」は自分には珍しく生ピアノを使ったけど、今回は2曲とも自分の定番ピアノ音色。やはりこの方が弾いてて落ち着くなぁ…というのが正直なところw
たぶん(?)まだこのシリーズ、続くと思うので次回をお楽しみに!

OH MY LITTLE GIRL


久しぶりにRYUICHIが遊びに来てくれたので、レコーディングして遊んでみました。悪ノリが高じて動画まで作ってアップすることにw

「Oh My Little Girl」のカバー。アレンジとピアノ、シンセを演奏してるのは私。これ、ピアノには生ピアノを使ってまして、私の演奏する生ピアノの音が公開されるというのは結構貴重かも?ですよ!

RYUICHIの歌とのコンビネーション、結構イケてるんじゃね??とか自画自賛しつつ、ライブ活動のブランクは少々あっても、全く衰えてないどころか以前よりも更に進化しているRYUICHIの声に軽く感動しながらレコーディングしました。またこのシリーズ、作りたいなぁ…と思ってます。

つか、この動画の音声、最後にピアノを録り終えてブースを出るときの私の足音が残ってしまってますね💦
まぁ、ライブ感ということでお許しを!wwww

講師紹介動画を公開しています!


ボーカルや楽器のレッスンの受講をご検討されている皆さんにとって「いったいどんな先生が教えてくれるんだろう?」というのは、一番気になる点の一つだと思います。そこで、弊社ミュージックスクールの各講師の自己紹介動画を公開することにしました。まずはボーカル講師の3名分をこちらでも紹介しますね。

まずはこの春から新加入の新人、大久保麻由講師。若くてとても可愛い先生なので、友達感覚で楽しくレッスンを受けてもらえるんじゃないかと思います。ピアノも弾けるそうなので、ピアノ弾き語りの指導もOKです。
彼女にはスタンダードコースと、一時的にお休みをいただいていたキッズ、ジュニアコースも担当していただきます。若く可愛い先生なので、お子さんのレッスンも楽しく進めてくれることでしょう!大久保講師の体験レッスンは、ただいま無料で提供しています。

そして同じくスタンダードコース担当のイケメン男性講師の関 栄理哉。エリヤと読みます。ちょっと変わった名前ですねw
彼はE.Y,Sという兄弟3人のユニットでも活躍中。彼は講師としてだけじゃなく、仮歌・ボーカルトラック制作サービスのシンガーとしても活躍してれています。甘い声が素敵なとても魅力的なシンガーです。

そして、弊社ボーカル講座の最強兵器(?)アドバンスドコース担当の田中アキラ講師。アキラ先生の指導で上達しないシンガーはいない!と言っても過言ではないほど優秀な先生です。動画をご覧いただいてもわかるように、優秀なだけでなくとても楽しい先生ですよ。
ギルドのRYUICHIもアキラ先生の指導で突き抜けるようなハイトーンを身につけました!アドバンスドコースでは、アキラ先生のボイストレーニング、歌唱指導に加えて、私の担当する月に1回のレコーディングレッスンでプロデューサー的な立場からも指導します。

アドバンスドコースに関しては、実際にレッスン効果をご確認いただけるよう、受講開始直後、受講開始から約半年後の生徒さんの歌唱をレコーディングしたビフォーアフター音源も公開しています。こちらもぜひ参考にしてくださいね。

 

リリース!「おとな未来パビリオン」!!


今村大祐のセカンドアルバム「おとな未来パビリオン」、本日2016年4月20日(仏滅)に無事リリースとなりました。

構想から3年、実際に制作に取りかかってから約1年半、ここまで長かったなぁ…。まずは制作に関わってくれたシンガー、プレイヤーさん、関係各位に感謝ですね。

しかし、今回に限らずなんですが、作品のリリースというのは自分的に嬉しい半面、とても微妙なもので、音源の制作自体は当然ながら、もうリリースの数ヶ月前に終わってるわけで、ある種、「え?まだ売ってなかったの?」的な気持ちがあったり、また、完成直後から何度も繰り返し聴いて、いろんな個人的な反省点なんかも見えてきた時にやっと世に出るんですよね。そんなこんなで、今回も御多分に洩れず、もっとこうしたっかったなーとか、色々あるんですけどねw

でも、振り返ってみて、今村のアル中入院のアクシデントも乗り越え、そして、今村なんかのアルバムにあの小林未郁さんが参加してくれているのも奇跡なら、ギターのJulian V Erikssonと出会えたのも奇跡!様々な奇跡が融合してなかなか面白い作品に仕上がったと思います。ただ、「ジャズはこうじゃなきゃ!」とか「メタルはこうだ!」みたいな固定観念の強い方には、あえて反感を買うような作りにしてありますので、ぜひ頭を柔軟にしてお楽しみいただければと思います!

今回は高音質ハイレゾ配信も行っていますので、ぜひ!
http://ototoy.jp/_/default/p/62096

正確なピッチで歌うためのヒント


ボーカル講座アドバンスドコースのレコーディングレッスンや、スタジオサービスメニューのVocal RECで、数え切れないほどのアマチュアシンガーさんの歌をレコーディング、ディレクションしてきましたが「どうも音程が不安定」「自分は音痴かも??」と悩んでおられる方が少なからずおられます。今回は同じようなことでお悩みの方へちょっとしたアドバイスのお話です。

アドバイスなんて、そんな大げさなことでもなんでもないんですが、ピッチで悩んでいるシンガーさんの多くは、経験上、正しいピッチで歌えないんじゃなくて、そもそも正しいピッチがどこなのかわかってない人がとても多いです。

歌おうとする曲のボーカルメロディをピアノ等の鍵盤でトレースして確認してください。これをやれば音の動きがビジュアル的に理解できるので、格段に正しいピッチで歌いやすくなります。使う楽器は別に鍵盤でなくても、ギターでもなんでもいいんですが、ピアノ(キーボード)は、五線譜と同じ並びで鍵盤が並んでいるから音の動きを図形的に理解するには最適だと思います。本来の正しい音程を理解するっていうのは、仮歌の仕事なんかではとても重要です。

そんなことしなくても曲を聴けばわかるよー!って方も多いかと思いますが、自分ではわかっているつもりでいても、ちょっと難しい音の動きをしているような箇所は、原曲とは少し違った、自分なりの解釈で歌ってしまっている人がとても多いというのが実感です。

わかってる人や、そんなことに全く悩んでない人にとっては、「何を馬鹿みたいなことをわざわざ…」みたいな内容ですが、ピッチでお悩みのシンガーさんは、騙されたと思ってぜひおためしください。

ちなみにね、エンジニア的な立場から言うと、正しい音をわかっていて、それでも、どうしても音が外れてしまう…というようなテイクは、ピッチ修正で直しやすいんですが、テキトーに歌って外してしまっているようなテイクは、現代テクノロジーを持ってしても、とても修正しにくいですw