久しぶりの更新だけどこんな話題で。


ブログ書くの、いつぶりだろ???w
それはいいとして、世間を騒がせている上記引用の件について書かれたものを見るたびにモヤモヤとした気分になるので、思うところを少し書いてみたいと思います。あんまり社会ネタ、時事ネタを扱うのは好きじゃないんだけどね。

正直なところ、個人的には体罰の是非とか、そんなことどうでもいい。時には指導のために暴力た必要ってのもわからないでもない。でも、この話題について、音楽的視点、興行的視点から誰も何も言わないのが不思議で仕方ないのね。

プロデューサー的な立場からこの事件についての見解を言えば、有料の客を入れた進行中のステージで、進行を止めてまでドラマー君に愚行を働いた日野皓正が100%悪い!と言い切らせていただく。演奏家としては世界的で優秀なのかもしれないけれど、観客の前でこんなことをするなんてのは、人前に立つアーティストとしては三流以下。トラブっていることを観客に悟られずに処理するのがプロのアーティストだよ。

ま、自分も某シンガーを共演した時、彼がカポの位置を間違えたまま曲に入ったのを止めに行ったから、あんまりエラそーなことは言えないかもしれないけどw

やってしまったことは仕方ないと、ドラムソロが終わるまで静観するなり、自分の演奏で割って入って強引に曲本編に戻すなり、ミュージシャンとしてドラマー君の暴走を止める方法はいくらでもあったはず。もしくは、スタッフにマイクを用意させてドラマー君に近寄って、マイクを通して「そろそろやめておこうか?お客さんみんなトイレに行っちゃうよ?」とか、少々面白おかしく話しかけるとかねw

とにかくお客さんにトラブってるところを見せたり、それを悟られたりするのはプロとして絶対にNG。ステージの進行を止めて客に不快な思いをさせたという意味では日野もドラマー君も同罪だよ。

よく「音楽は音を楽しむもの」っていう人がいるけど、それは(少なくとも自分たちみたいに音楽を提供するものとっては)完全に間違い。音楽は音を楽しむものじゃなくて、音を楽しませるものです。それが生のステージともなれば、ショーとして楽しませることがプロの責任。たとえどんな理由があったとしても、進行中のショーを暴力行為で中断させるなんてのは言語道断と言わざると得ないでしょう。自分がこのコンサートのプロデューサーだったら、日野に責任をとらせるね。これが入場無料の公開レッスンなら、ビンタでもなんでもご自由にどうぞ?だけどねw

こういう思い上がったミュージシャンって大嫌いなんですよね…。どんなに世界的に成功して稼いでいようが、世間一般からしたらミュージシャンなんて遊んでお金をいただいてるようなもんですよ。自分がそういう立場にいるってことを理解していれば、観客に不快な思いをさせる解決方法だけは絶対に取らないと思うんだけどね。

仮歌いろいろ


毎月たくさんのご依頼をいただき、今やAQUA CUBEの看板メニューとなった「仮歌・ボーカルトラック制作サービス」。これまで制作した音源は、もうすぐ200曲に届こうとしています。

そんなわけで、どんな目的のご依頼があるのか、興味がおありの方も多いかと思いますので、今回はご依頼の内訳についてちょっと書いてみたいと思います。

まず一番多いのは、やはり楽曲コンペに応募される作曲家さんからのご依頼。ボーカルトラックの出来が楽曲の採用、不採用に大きく関係するので、とても責任重大な依頼です。英語仮歌詞の制作も含めた英語曲のご依頼も割と多いのですが、これは外国のコンペに出されているのですかね??おそらく専門学校等の学生さんだと思いますが、学校の課題提出のため…というのもありますね。

次に多いのは、メジャーレーベルさんなどからのご依頼で、すでに本番を歌うアーティストもリリースも決まっている作品で、本番にシンガーさんが歌うためのお手本作り的なもの。実際、本番のRECの時にガイドトラック的にご使用いただいていることも多いようです。実際にリリースされた作品の歌を聴いて「これ、仮歌の完コピじゃん!」ってニヤリとすることも多々あるのですが、本当に光栄なことです。洋楽の日本語バージョン制作とか、日本人シンガーが英語曲を歌う時のために…とか、英語案件が目立つのもこの手のご依頼の特徴ですね。

あとは、例えば新作ゲーム等のプレゼン資料等のためにテーマソングのボーカルトラックを作るというもの。これも日本語版、英語版の2バージョンの制作をすることが多いのですが、最近のゲームはそういう傾向なのでしょうか?
そういえば、以前に小林未郁さんを起用してイギリス発のゲームのテーマソングのボーカルトラックを制作した時も日本語版と英語版の両方を作りましたね。

その他、過去の有名な作曲家さんの資料音源作り的なもの、テレビやラジオでオンエア用音源のもの、個人作家さんでご自身の作品を配信等を通じて販売される目的のもの等々、本当に様々な目的のいろいろなジャンルの音楽のボーカルトラックを日々制作しています。いろいろな方のいろいろな音楽に触れられるのもとても刺激ですし、何度もご依頼いただく作家さんとは徐々にいいコンビネーションが出来上がって、よりいい感じの作品ができるようになってくるのも楽しいです。

これからも多くの作家さん等からのご依頼をお待ちしています。歌のプロデュース、ディレクション、制作に関しては絶対の自信を持って提供しています!

写真は、このサービスのシンガーのひとりで、自身のバンド、イトカムトビコでも評価上昇中のNanahoちゃん。

仮歌・ボーカルトラック制作サービス

完成!「おとな未来パビリオン」その1


構想発起から足掛け3年、ようやく今村大祐のセカンドアルバム「おとな未来パビリオン」のマスター音源が完成しました。
完成を記念して、プロデューサーの視点から制作を振り返ってみたいと思います。

今村から「セカンドアルバムを作りたい」という話を聞いたのが、たしか、ファーストアルバム「ウシミツドキ」のリリースから約1年ほど経過した2013年の夏ぐらいのこと。とても意欲を見せる今村に「それじゃやってみようか」と、今回のプロジェクトがスタートしたわけです。

前作の「ウシミツドキ」は、独特の気持ち悪い今村ワールドと奴の持っていたジャズの世界をプロデューサーとしていかにぶち壊すか!?wという事を命題に、毎度毎度、制作現場で今村と悪ノリしながら作った結果、唯一無二の世界観を醸し出す作品に仕上がって、セールスこそさほどでもないものの、小林未郁さんや椎名純平さんなどのミュージシャンや業界関係者からはとても高い評価をいただく作品となり、その続編を作るのは非常にハードルの高い作業になることは予想するに難くないことでした。

制作の進行スタイルは前作と同じく、今村が元になる曲のデモを持ってきて、そこから良さそうなものを選んで、自分がアレンジの叩き台を作って、レコーディングに参加してくれるミュージシャンの感性を織り交ぜて完成させていくという形。

ところが、やはり異様な完成度の高さと孤高の世界観を誇る前作の影響に縛られてか、今村の持ってくる曲のほとんどは前作の二番煎じのようなものばかり。なんというか、モノマネ芸人のさらにそのモノマネを見ているような感じ?w

作ってはNG、作ってはNGを繰り返し、そんな中で実は前作を作っている時から試してみたかったアイディアを発動。

「今回のアルバムのサウンドコンセプトはヘヴィメタルでいく!」

というアイディアをプロデューサーとして発動。
奴の世界観とピアノに歪んだギターサウンドを合わせたら、絶対に面白いものになる!と前作を作っていた時から考えたんだけど、それを実行することにしました。
ジャズに関して自分はほとんど門外漢だけど、メタルの世界ならある意味、主戦場。それに本来ジャズプレイヤーの今村の作品でなら、マジメなロック作品では出来ないベタなことも好き放題にやれるだろう!という、そんな期待感とともにねw

長くなったので、続きは続編でw

2016年、新年明けましておめでとうございます!


みなさん、新年明けましておめでとうございます。
来月でAQUA CUBEはローンチから丸10年。次の10年に向けての第一歩を踏み出す年の幕が開きました。年頭にあたり、昨年1年…いや、ここまでAQUA CUBEを支えてくださったお客様や、様々な制作業務でいつも大活躍してくれているシンガーやプレイヤーのみなさんに改めてお礼を言いたいと思います。これからかもご利用いただく皆さんに喜んでいただける音楽、音源をプロデュースしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

新年を迎えて、お知らせをいくつか…

まず、すでに弊社の大黒柱的な存在となった「仮歌・ボーカルトラック制作サービス」に待望の男性シンガーが数名、新たに加わります。今月中に各人のデモ音源を制作し、随時サイトにアップして実戦投入していきますので、どうぞご期待下さい。
シンガーのプロデュース、ボーカルトラックの制作に関しては誰にも負けないと自負しています。今年もたくさんの作家さんからのご依頼をお待ちしています!もちろんリピーターの作家さんも大歓迎です!

それから、諸々の事情から完成が遅れていた今村大祐のセカンドアルバム「おとな未来パビリオン」も間もなく完成します。
主役の今村大祐をはじめ、チームAQUA CUBEが総力戦で取り組んだ強力な作品になっていますので、こちらもぜひご期待下さい。昨年9月のシャイングホールでご予約いただいた皆さんには、1月下旬から2月上旬にかけて随時発送を開始いたします。

あと、個人的には、今年も昨年以上にライブ出演の機会も増える予感ですw
このブログやニュースページ、Twitter等で随時お知らせしていきたいと思います。ぜひライブ会場でお会いしましょうw

というわけで、2016年のAQUA CUBE、ご愛顧のほど、何卒よろしくお願いします!

今回のアイキャッチ画像は、スタジオに来られる皆さんに可愛がってもらっている、ネザーランドドワーフのまりん君ですw

2015年総括!その2


前の投稿の続きです。年が明ける前に書くつもりがすでに新年を迎えてしまいました。2015年総括その2です。

2015年のキーワード「出会い」

Julian V Eriksson最大の収穫(?)は、完成間近の今村大祐セカンドアルバムで大活躍してくれているスウェーデン人ギタリスト、ユリアン・エリクソンと出会えたこと!スウェーデンの音大に通うユリアンから「AQUA CUBEでインターンシップは実施してますか?」とメールをもらったのがきっかけで、今村のアルバムにギタリストとして参加してくれることになったのですが、彼の存在なくしては今回のアルバムは成立しなかったでしょう。ギタープレイヤーとしての実力も音楽的なセンスも、そして人柄も最高なユリアン、きっと近い将来、日本でもブレイクしてくれると思います!

そして「ライブ」

そう、2015年は自分としては数年ぶり(バンドでのライブは2008年以来、アコースティックセッションでは下山アニキの夜会にゲストで出た2009年以来だったかな。あ、2010年にShikiちゃんとパーティで演奏したことも有ったか…)にライブ出演!

小林未郁先述のユリアンもスウェーデンから来日してくれ、また、あの小林未郁さんもスペシャルゲストで出演してくれた、9月の今村大祐のレコーディング好調ライブw(本来これがレコ発のはずだったw)今村がライブ直前に体調不良から入院したおかげで、babywildcherryの復活ライブにもなったのは思いがけないサプライズでした。

RYUICHI KEIそれから、先日、RYUICHIと初共演したアキラ先生の主催ライブ。RYUICHIとは、2015年の初め頃に「今年、もし時間的に余裕があるときがあれば、アコースティックユニットでも組んで一緒にライブしたいねー」って話をしていて、でもお互いに忙しくて、実現しないままに一年が過ぎようとしていたところ、年末間際になってそれが実現することになりました。内容的には反省点もいっぱいのライブだったけど、どっちもとても楽しかった!

ここ数年はプロデューサー業ばかりだったけれど、2016年は今度こそ本当の今村のレコ発ライブもあるし、キーボードプレイヤーとして、どんどん表に出て行きたいなーと思ってます。

というわけで、ユリアンやRYUICHI、小林未郁さんなど素敵なミュージシャンとたくさん共演できた2015年はとても有意義な一年でした!
みんな本当にありがとう!2016年もたくさん楽しみましょう〜

この1年、ありがとうございました!2015年総括!その1


このブログを書いている時点で、2015年も残すところ4時間余り。中学時代以来、年賀状も書いたこともないし、行事、イベントとしてのお正月、新年には何の興味もないんですが、やはり2015年最後の日には締めくくりの記事を書いておこうかと思います。

自分とAQUA CUBEにとっての2015年をいくつかのキーワードで表すとしたら「結実」「出会い」それから「ライブ」でしょうか。

まずは「結実」編から!

「結実」
2016年の2月には設立から丸10年となるAQUA CUBEですが、ここまでいろいろなフェイズを経ています。音楽業界自体が低調な中、自分たちにできることは何か…この数年ずっとそれを考えてきました。試行錯誤を繰り返す中、ようやくたどり着いたのが「人間の歌と声」にフォーカスすること。メジャー時代の作曲家、プロデューサーとしての経験、ロサンゼルスでボイストレーニングの現場に何度も立ち会った経験、それからAQUA CUBEの自社レーベル作品の制作で、何人もの強力なシンガー達の作品プロデュースに関わった経験…これらを生かすには、やはり「歌」しかない!と考えました。

そこで2年ぐらい前からスタートさせたのが「仮歌・ボーカルトラック制作サービス」でした。当初は月に数曲程度ご依頼をいただくぐらいだった同制作サービスも、2014年の年末あたりから急速にご依頼件数が増えて、今では、コンペ、オーディション用の仮歌のみならず、テレビやラジオの放送用音源のボーカル制作や、リリース決定作品の本番用のお手本としての仮歌制作など、より重要なポジションの制作までご依頼をいただくまでになりました。ひなせゆう、Nanaho、Maho、Natsuなど新しいシンガー達が続々と加わってくれたのも今年からでしたね。

「声と歌にフォーカスする」ということでは、もう一つ「ボーカル講座アドバンスドコース」の存在ですね。これはもう、ひとえに担当講師をお願いしている田中アキラ講師の力によるところなのですが、今では弊社スクールで受講生数トップの講座になりました。仮歌シンガーを務めてくれているNanahoを始め、アドバンスドコース受講生の方の中から、弊社の制作業務に参加してもらえるシンガー達を輩出できるような流れが出来てきたのも2015年からでした。

そんなわけで、「声と歌のスペシャリスト集団」を目指して、この数年、取り組んできたことが着実に実を結んだ2015年、ボーカロイドなども充実しててきて、どんどん人間がいなくても音楽が作れるようになってきた時代だからこそ、人間の声によるボーカルをしっかりプロデュースして提供していくことは、これからもっと重要になると確信しつつ、2016年以降も「声と歌のスペシャリスト集団としてのAQUA CUBE」を推し進めたいと思います。

2015年、制作のご依頼をいただいた作曲家さん、レーベル様、制作会社各位、すべての方に改めて謝意を表したいと思います。

長くなったので、続きは次の投稿でw

X’mas eve x 4 Special LIVE !!


先日12/21は、弊社ボーカルスクール、アドバンスドコースで講師をしていただいている田中アキラ先生主催のライブイベントにRYUICHIのサポートでちょこっと出演してきました!

ギルドのAKASOでのライブ、2日目終了後の楽屋に挨拶に行ったときに「オレ、アコギでライブやるの初めてなんですよ〜」と少しRYUICHIが不安そうにしていたので、「じゃ、鍵盤でサポートしようか?」ってことで出演が決定。それから数日後に弊社AQUA CUBEのスタジオで、演奏予定曲のギターとボーカルをレコーディングして、それを元に鍵盤のアレンジを作っていく…みたいな形でスタートしました。

そんなわけで曲の準備はしていたものの、RYUICHIも自分もそれなりに忙しくて、結局当日まで二人で合わせてリハする時間も取れず、音源で段取りの確認のやり取りをしたのみ。予定通りの(?)ぶっつけ本番となりました(^_^;)

サウンドチェック中の図…。
サウンドチェック中の図…。

揃って合わせるのは初めてとなるサウンドチェックを終えて、軽くメシでも〜、と、RYUICHIと出かけたつもりが、なぜか豪華近江牛のステーキコースを食べることになり…悠々と食事をして会場に戻ると、程なく本番。

RYUICHI Kei

そして初共演の舞台の幕が開いたわけですが…。
二人とも幾多の凡ミスを繰り返しながらも、なんとか無事に迎えた最後の曲でハプニング!

最初のコードを弾いた途端に物凄い不協和音!

「え?オレ、コード間違ってた?」

とカンペの譜面を見てもやはり合ってる!

「うん?」

と思いながら、もう一度、恐る恐るコードを弾いてみる…やはり不協和音!

ふとRYUICHIの方を見ると…前の曲の流れで
ギターにカポが付いたままになってるwwwww

あの時、本当に悩みましたよ、そりゃ、もうとても!

「もうこのまま弾かなくてもいいかな??」

「演奏、止めに行きたいけどRYUICHIに恥かかせるのも悪いよなぁ…」

「でも、最後の曲で、ぼーっと鍵盤の前に座ったまま終わったら、オレ、カッコ悪いよね??」

なんてことを考えながら、意を決して、鍵盤の前を離れてRYUICHIの所まで行って…

「RYUICHI?あの…ごめん、カポ付いたままだよ?」

って演奏を止めさせて最初から仕切り直しw

そんな大ハプニングがありつつも、なんとか無事に初共演を終えましたw  …って、全然無事じゃないか???w

はい、当日、会場に来ていただいた皆さんには大変失礼いたしました。。ある意味、とても貴重なライブだったと思いますw

これ、過去にbabywildcherryのライブで、いざ演奏が始まったら同期だけが鳴ってて、メンバー誰も演奏に入れなかったことがあるんだけど、それと匹敵するぐらいのハプニングでしたよw

そんな感じで、内容的には決して褒められたもんじゃなかったですが、楽しかったからOKかなーと(^_^;)
あ、言うまでもないですが、RYUICHIの歌声はいつも通り素晴らしかったですよ!

というわけで、皆さん本当にありがとうございました!

終演後、舞台裏でRYUICHIと記念撮影…。
終演後、舞台裏でRYUICHIと記念撮影…。
昼間にゼスト御池での自分のステージを終えてから撮影に駆けつけてくれた今村大祐とRYUICHIのツーショット。
昼間にゼスト御池での自分のステージを終えてから撮影に駆けつけてくれた今村大祐とRYUICHIのツーショット。
Ebony Eyes Excellent & RYUICHI
こちらはアキラ先生のバンド、Ebony Eyes ExcellentとRYUICHIの共演!演目はLed Zeppelin の Rock ‘n’ Roll これも参加したかったなぁ…w

調子に乗ってTrick of Time時代の曲をもう少し


昨日、何曲かTrick of Time時代の曲をアップしたんですが、なぜかモバイルのTwitter.appからは再生できないみたいなので、会社ブログを私物化してw、さらにここに貼り付けますw

Everbody Has a Way of Life

10分オーバーの大作。もろにYES wwww
アンジーさんのソロアルバムをプロデュースした時にこの曲をリメイクして入れたいって言ったら、あまりにYESっぽいからダメ!って言われた曲w

Green Field

当時のライブ、本編ラスト定番で一番人気のあった曲。
ASIA好きなのが丸出しですが…。

The Dead of Winter

15分を超える超大作。多分ライブではこの時一度だけしか演奏してないはず…。

Green Field以外はどれも10分以上ある大作なので、聞いていただける方はご覚悟をw

ギルドの(ひとまず)ファイナルのライブに行ってきました。


先日、大阪梅田のAKASOで行われたギルドの活動休止前最後のライブを見に行ってきたわけですが(バンドやこの件に関してはコメントする立場にないのでここでは何も書きません)、長く続いたバンドの一つの節目のライブを見ながら、自分でメンバーを集めて結成したバンドを93年2月に脱退した時のことを思い出してました。

あの時、自分で脱退を決めて(実はメンバーにそのことを言うより先にファンの皆さんへの次回ライブ告知のDMの中で、バンドを脱退することをお知らせしてたんだけどねw)、次のバンドの準備も始めていたというのに、最後のライブのためのスタジオリハが終わるたびに「ああ、これで終わるんだな」感が強くなってきて、最後のライブで1曲演奏を終えるたびに本当の終わりがどんどん近づいてくる、なんとも言えない気持ちでいっぱいになったことをよく覚えてます。

ギルドはおそらくこれで終わるってことはないと思うけど(文字通り活動休止だからね)でも、多分あの日のメンバーさんたちは、当時の自分と近いような感覚だったんじゃないかなーなんて思ってました。

というわけで、ギルドのライブを見て、ある種フラッシュバックしちゃったもので、Trick of Time最後のライブの最後の曲を公開しますw13分以上あるので聴いてくれる物好きな方はご注意をw

しかし、こうやって当時の演奏を久しぶりに聴くと、あの時の会場(京都ミューズホール)の景色や空気が鮮明に蘇ってきますねー。数え切れないほどのライブに出演してるけど、こんなにはっきりと今でも覚えてるのはこの時だけかも。。。
この後に作ったバンドからは、曲作りも含めていろんな意味で「メジャー」ということを意識して活動していくことになるので、本当の意味で「やりたいことをやりたいようにやる」最後のライブだったんですよ、これ。

はい、というわけで、すみません。一応、ここ、AQUA CUBEのオフィシャルブログなので、あまり個人的なことは書かない方針なんですが、今回は思いっきり個人的な投稿になってしまいましたw

いや、でも、バンドを長く続けるのって本当に難しい。こんなに懐かしく思い出してるTrick Of Timeだけど、実際このメンバーで活動してたのって、たった2年余りの間だったもんね。その後のバンドだって、3回続けて同じメンバーでライブやったことなんてなかったような…w